あきらめない

あきらめるな!と、よく言われます。

諦めたらそこで試合終了ですよ

とか

試合終了間際に隕石が落ちてくるかもしれないじゃないですか?

とか

色々な漫画、アニメ、テレビドラマ、映画でもよく言われます。

【諦める】

とても見込みがない、しかたがないと思い切る。断念する。

という意味だそうです。

諦める人と諦めない人、諦めが悪い人

諦める人はすぐ諦める
諦めない人はなかなか諦めない
諦めたほうが良いのに諦めが悪い人がいる

諦め一つとっても、人によって見解は様々ですし
感じ方、判断、見方… 色々と異なってきます。

人によってこういったものって大きく異なりますが
それは一体なぜなのでしょうか?

遺伝でしょうか?
育てられ方でしょうか?
育った環境?
学校での友達関係?
兄妹構成?

色々なことが考えられますよね。

次に湧いてくる疑問は
じゃあ、遺伝や環境や人間関係で人の何が変わるのか?
ってことです。

なんとなく、人は遺伝、環境、人間関係や育ち方で
人が出来上がっていく、人が作られていく、
という感じに考えていると思います。

ですが、
では、その「なんとなく」感じているものってなんなのでしょうか?

例えば「ポジティブになりなさい」
と言われますが、ポジティブになると人に何が起こるのでしょうか?

明るい人と暗い人の違いは?

諦める人と諦めない人、諦めが悪い人の違いは?
(諦めが悪い人って実は別だよね?(笑))
(ということで)

諦める人と諦めない人の違いは?

それは、体の中にある伝達物質の違いです。

人間は脳に刺激を受けることで次の反応を起こしますが
脳に入った情報を元に伝達物質を作り出し、それを体に巡らせます。

例えば、筋トレをすると、脳に筋トレ情報が送られます。
次に、筋肉が悲鳴をあげているからもっと筋肉が必要だね!
ということで、筋肉を作る司令を伝達物質を使って送ります。

そうして筋肉が作られます。

諦めが早い人、なかなか諦めない人

その違いは、実は伝達物質だったりもします。

詳しく学びたい方はこちらからお伝えしております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です