共産主義国であるソビエト連邦を作ったのはコミンテルンです。
コミンテルンの設立者はレーニンとなっています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%B3

しかし、コミンテルンを事実上動かしていたのはアメリカです。

ただし、アメリカという国ではなく
アメリカの内部に存在する巨大経済資本です。
ユダヤ系左派のグローバリストと表現してもいいそうです。

この本にわかりやすく書いてありました。
https://amzn.to/3mcR9e8

世界を事実上動かしてきた国際経済資本家は
ソビエト連邦の前身であるロシア帝国に交渉を持ちかけました。
しかし、ロシア帝国のニコライ二世はそれを拒否。
国際経済資本家はロシア帝国を潰すことに。

そしてロシア帝国は崩壊し、ソビエト連邦ができたそうです。

ソビエト連邦初期の指導者層たちの多くは
ユダヤ系左派の人々だったそうです。

それが徐々にロシア系に取って代わられるようになり
ソビエト連邦が必要なくなったと判断した国際経済資本家は
ソビエト連邦を解体することに。

結果、ロシア連邦となり、現在に至っているようです。

また、ロシアも当初は国際経済資本家の手が回っていましたが
それも徐々に変化してきました。

現大統領のプーチンは、自国主義のナショナリスト寄りの存在で
トランプ元大統領と方針が合う人のようです。

簡単にまとめると、ソビエト連邦は国際経済資本家が作った
ということです。

そして、今世界を騒がしている中国共産党支配による中華人民共和国
これも、国際経済資本家が手を回して作られた国です。

どうやら、ここ300年の歴史は、国際経済資本「ディープステート」
彼らの存在を認めない限り説明がつかないことばかりのようです。

日本は特に、ユダヤ人との関わりが歴史上ほとんどなく
さらに敗戦後、GHQによる目くらましが行われてきたので
こんな話は都市伝説だと思いこんでしまっています。

まったくお花畑で困ったもんです。(自分もそうだったけどw)

しかし、トランプ大統領の誕生と
コロナ禍によるグローバリズムの弱点が露呈した今
ディープステートの存在が徐々に認知されてきています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。