サクマ式ドロップス

以下引用
佐久間製菓のホームページによると、サクマ式ドロップスは1908(明治41)年に完成。太平洋戦争で工場などが被害を受けたが、1948(昭和23)年に再興した。八王子市に工場を構え、高い知名度を背景に事業を拡大させていた。  しかし、安価製品との競合のほか、その他のヒット商品に恵まれなかった。さらに新型コロナウイルスの感染拡大による需要減も重なり、2021年9月期は1億5,173万円の最終赤字を計上し、財務内容が後退していた。  「廃業のお知らせ」によると、廃業日は2023年1月20日。廃業の理由は、新型コロナの影響による販売減や原材料、エネルギー価格の高騰、人員確保の問題などをあげている。

火垂るの墓に出ていたのがサクマ式ドロップスだそうです。

ちなみにサクマドロップスは別会社の模様


Twitter有料化

今の時代
何をするにも月に1,000円程度のサブスク利用料金が必要になってきた
1,000円を何に使うかが問われる時代なのか?


原材料高騰

サクマ式ドロップスの廃業理由の一つ
原材料高騰

サクマ式ドロップスだけではない
これからどんどん出てくるであろう廃業の波
大恐慌時代はすぐそこに来ているのかもしれない


新会社設立

滝沢氏は否定プロフィール欄で否定しましたが
新会社設立説が浮上しています。

SMAP、TOKIOなどが独立しましたし
キンプリも3人が脱退することになりました。

すでに、市場も脱ジャニーズ組を無視することはできないでしょう。

ジャニーズ事務所に対抗する組織ができたとしたら
どんなに面白くなるか分かりません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です