今日はこちらの動画をメインに考えさせられました。

世界のTOYOTAを首位から落とすために脱炭素~EV戦略が行われている
というものです。

脱炭素は本当に地球温暖化と関係しているのか?
という疑問は多くの有識者からも声が上がっています。

しかし、それが、世界中であらゆる産業の競争にも
関係していると思うと、いやはやなんとも穏やかではいられません。

コメント欄にとてもおもしろいものがいくつも上がっています。
いくつかピックアップして下記に引用します。

内容としては、TOYOTA応援コメント、それと何もしない国会議員への批判コメントです。


日本の政治家は体を張って、民間企業を守ってもらいたいものです。

 日本の政治家が日本の企業を守ろうとしない中、世界的な競争力を維持しているトヨタには頑張ってほしいです。

加藤康子さんも同じことを言っておられますね。

この死活問題のコメント、とても良く分かります。豊田章男社長は自動車業界の世界情勢の建前と本音を見通しておられるように感じます。全方位でリスクヘッジして、この諸刃の剣の効果を見極めたいですね。
 
やはり自分で会社を守っている人間と責任を持って国家運営してるか懐疑的な政治家の考え方や責任感の違いでしょう。
 
エネルギー問題が叫ばれる中で充電設備がなければただの鉄屑となってしまうEV車は、どんなにプロパガンダがあろうとも都市部の近距離運転とかの棲み分けができることはあってもメインストリームにはならないのでは無いかと勝手に思ってます。従来のインフラを使用してガソリンがあれば走れるHVやPHVと比較すれば分が悪いし市場もそんなに馬鹿ではないのではと思いました。
 
現在のエネルギー事情を考えると、そう簡単にEV車を普及させるのは厳しいと思う。何よりEV車を選ぶか、ハイブリット車を含む内燃機関車を選ぶかはユーザーであって、まだまだ内燃機関車より不便なEVを選ぶ事は少ないでしょうね。だいたい100年以上の歴史のある内燃機関車でさえ、常に故障の心配をしなければならない車しか造れない欧州メーカーが日本車より優秀なEV車を造れるとは思えない。及川氏の云う通り、あくまでトヨタ潰しであって欧州メーカーが内燃機関車をやめることは無いと思う。
 
私は自動車の開発業務に携わってきましたが、欧州メーカは燃費受験で受験日前日から充電をし続けてバッテリの暗放電をさせずに受験したりしてます。これはオルタネータが仕事をしないので燃費にかなり有利になる試験手順になりますが、市場ではこんな使い方はあり得ないのでもちろんこれはズルです。こんなズルをする連中と国産車はまともに戦っているのでよほど国産車は優秀なんですよ。国産車をリスペクトしましょう。国の役人もこの事実を知っていますが、欧州メーカに甘いんですよ。当然見返りがあるからなのでしょうけど。
 
ハイブリッドも認められないルールを知ったときに、即日本車潰し、トヨタ排除ということは分かりました。 欧米は自分が不利になるとルールを一方的に変更して自分たちを常に優位にするんですよね。
 
参政党の街頭演説でもトヨタの事言ってました。目のある方々には本質が見えているのだと思います。トヨタ、絶対守って欲しい!
 
実際にEV化と言っても、商業用の運搬車から大型トラックや戦車など兵器、トラクラターやブルトーザーなどの重機と 様々な車がありますが全て充電式のモーター車に出来るのでしょうか? プロペラの飛行機やヘリコプター、漁船から大型客船、タンカーや戦艦なども電池とモーターにしなければ脱炭素とは言い切れないと思います。 なんちゃって乗用車だけEVで、脱酸素で地球は持続か可能な素晴らしい自然環境になりましたってか!
 
トヨタは世界中で愛用されていますが、国によって、EVに対応したインフラ整備が出来ない国々もあると聞いてます。そういった地域をも対応していくのがトヨタであり続けて欲しいです。
 
EV車は火災などの危険もありますし、一回燃えるとなかなか鎮火できないそうです。でも東京都は補助金出して推進しています。
 
日本の政府はどこを見て政治しているんだ?と思わざるをえませんね。
 
去年の夏の豊田社長の会見、自動車業界を代表した会見は、日本の基幹産業からの悲鳴でした。 仰る通り、EVでトヨタ潰しを欧州は目論んでいましたが、しかし、電池でさえトヨタに勝てないかと思います。 テスラの車はよく燃える。
 
電気の供給が足らんくて節電しろとか言ってるくせに、バッテリーEVに舵を切れとか阿呆なんですかねぇ。
 
寒冷地で大雪が降ったらEV車では下手すりや大勢の犠牲者が出る恐れがあります。 軍がガソリンを携行して救助に行っても助けられません!
 
トヨタはついでに木炭自動車も市場に出すべきだ。石油だって、化石になる前は木だったろ?😆
 
パリ市交通局のEV バスは、1ヶ月の間に3台が、燃えてしまいました。 EV 車は、エコで安全なんて デタラメ!
 
EV車にしたら欧州は寒冷地帯なので寒波到来で犠牲者が出るでしょう。 そして充電設備が間に合わず、大混乱になるでしょう。
 
急速充電できる肝心の施設が増えてない。増えないどころか経営難で次々に消えてる。少なくとも私の生活圏ではEV普及なんて絵空事。脱炭素も地球の温暖化もデマカセだらけの闇だらけ。今こそ【トリガー条項】を発動させましょう。★3ヶ月連続でリッター160円を大幅に超え続けているのだから。
 
トヨタイムズ「トヨタは電気自動車にどこまで本気なのか?豊田社長インタビュー」を見た時、豊田社長の本気に涙が出てきました。もし日本がBEVになったとしたら100万人の仕事がなくなるとか。愛知県豊田市「明治用水」の漏水も不気味で仕方ありません。
 
及川さん個人のお考え(反グローバリズム、コロナ、注射の見解)は、参政党とかなり近いと感じています。所属政党は違いますが、明らかにおかしな風潮に声を上げ続ける方々を応援します。
 
海外の電気バスは火炎放射器みたいに燃えてますね
 
欧州はトヨタ憎しの余り自分の首を締めていると思います。仮に欧州で全てEV車になったとしてそれを全て賄うだけの充電設備と電力を準備出来るのか?寒い地域が多いので電欠になったら命の危険に関わります。これらの問題の解決に対応出来ずに全てEVにするとか掛け声に終わるのでは無いでしょうか。アメリカのように大胆に自国に日本車メーカーの工場を誘致するとかはプライドが許さないでしょうね。それにしてもトヨタさん本当に頼もしいですね。
 
マツダのサイトを観れば、ガソリン車の方がEV車よりも「エコ」なことが分かりますよ。
 
寒冷地などEV車役に立たないらしい
 
そもそも電気作るのに二酸化炭素でるのに、電気をたくさん使う車作るってよくわからん
 
日本の技術力は世界一ですが・・・政治力が世界最低・・・

 
ちょっと引用し過ぎた感がありますが
いろいろな意見が飛び交っていて面白いですね。
 
私個人的には、内燃機関がなくなることは無いと思っています。
それは、後進国ではEV充電設備は整わないだろう、というのが一つと
寒い国では圧倒的に燃料を燃やしたほうが暖房効率が良いからです。
 
それと、気になったのは、日本車以外のEVはよく燃えるみたいですね。
しかも、燃え方が半端じゃない模様です。
 
自然とEVではなく内燃機関に戻ってくる気がしてますが
太陽光パネル事業がまだまだ進められている現状を見ると、
そう簡単には行かないような気もしてます。
 
もちろん、そういった制限から新しい技術革新が進むこともあるでしょう。
それに期待をするのも一つありかもしれませんね。
 
そう言えば、コメントにもありましたが、
加藤康子さんらが書いている本も同じことが主張されています。
 
 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。